世界を翔けるカメラマン 田村 裕司

やすらぎ工房

初雪の会津駒ヶ岳

2014.12.28 Sunday
福島県桧枝岐村にある会津駒ケ岳。



標高は、2133mで日本百名山の一つである。



今回の山登りは、山頂に行くのが目的ではなく、山頂付近のランプの宿と呼ばれる駒の小屋に泊まり、美しい星空を眺めることだ。



pp090.jpg



そんな訳で、お昼からゆっくり登りだす。



pp091.jpg



ここ会津駒ケ岳は、尾瀬国立公園となる。



pp092.jpg



いきなり、なかなかの勾配の階段からスタートします。



pp093.jpg



10月の中旬だったので登り始めは、まだ紅葉していない木々もあった。



pp094.jpg



トコトコと登って行きます。



pp095.jpg



だいぶ、木々の色が鮮やかになってきた。



pp096.jpg



気持ちの良い秋の空。



pp097.jpg



遠くの山々を眺めながら、ほのぼのとします。



pp098.jpg



上の方は、もう葉っぱがほとんど落ちていた。



pp100.jpg



階段が登場した。



登山者が多い山だけあって、整備がしっかりとしている。



南アルプスで味わったあの孤独感とは、まるで程遠い山だ。



pp101.jpg



森林限界を越えた辺りから、段々と雲行きが怪しくなってきた。



pp102.jpg



そして、尾瀬らしい木道の景色に出た。



pp103.jpg



そして、駒の小屋に到着。



pp113.jpg



山小屋に泊まるのは、4年ぶりなので楽しみだ。



pp112.jpg



駒の小屋で売っていた、愉快なTシャツ。



pp105.jpg



ゆっくりと日が暮れてゆく。



pp106.jpg



雲行きが怪しいが、どうか星が見えますように。



pp107.jpg



駒の小屋は、電気がなく、夜はランプの明かりで過ごす。



pp108.jpg



そのため、ランプの宿と呼ばれている。



pp104.jpg



素泊まりのみで食事が出ないので、全て自炊だ。



水もないので、がんばって持ってくる。



まあ、いつもキャンプ縦走とかなので、この辺はいつも通りだが、今回はワインを持って来てみた。



そして、目的の星空なのだが、残念ながら曇ってしまい、ただの真っ暗闇となった。



この場所は、街明かりがほとんど届かないので、絶好のロケーションなのだが残念。



諦めきれず、根気よく外の様子を定期的にチェックしていると、なんと晴れた。



そこには、信じられないほど無数に輝く星達が。



天の川も、まるでうす雲がかかっているのかと思うほどはっきりと見える。



言葉を失いしばし立ち尽くしていたが、すぐにまた雲が広がり、星は隠れてしまった。



いままであれほど美しい星空を見たことは、本当に少ない。



思わず歓声を上げてしまったほどだ。



再び深い雲に覆われてしまい、撮影はできなかったが、この上ない幸せをいただき、感謝を空に祈り、温かい眠りについた。



そして、朝起きると。



pp109.jpg



雪です。



pp110.jpg



例年よりも遅いらしいのですが、初雪だそうです。



pp114.jpg



せっかくなので、朝に小屋から少し登ったところにある山頂まで登るつもりでしたが、そのまま下山します。



雪の積もった木道は、非常に滑りやすいので、慎重に歩く。



森林限界に入った辺りから、雪は小雨となった。



pp115.jpg



しばらく下りたところで、可愛らしい紅葉を発見。



pp116.jpg



なんだか今年の登山はこんな天気ばかりですが、わずかな時間でも、あれほど美しい星空を見れたことは、本当に幸せでした。



pp111.jpg



会津駒ケ岳登山でした。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

やすらぎ工房

profile

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

search this blog.

recent comment

Popular article

archives

others

mobile

qrcode

Smartphone

スマホ版

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM