世界を翔けるカメラマン 田村 裕司

やすらぎ工房

八ヶ岳縦走

2014.12.29 Monday
夏に体調を崩してから、本格的な登山をしていませんでしたが、10月の中旬に八ヶ岳の縦走をしてきました。



八ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがる山で最高峰は、赤岳2899mとなる。



仕事が終わり、群馬の山奥からそのまま長野に入り、仮眠を取ってから登山開始です。



pp118.jpg



ルートとしては、美濃戸口から北沢を進み、硫黄岳に出てひたすら連山を阿弥陀岳まで縦走して、御小屋尾根から美濃戸口に戻ってくる八ヶ岳堪能ルート。



pp117.jpg



標準タイムで12時間ほどの行程なので、ペースを上げていかねばです。



pp120.jpg



まだ、この上に山小屋があるためしばらくは、車が通れるような砂利道が続きます。



pp119.jpg



途中で、最初のピークとなる硫黄岳と思われる山が見えてきました。



pp121.jpg



山小屋を過ぎると道が細くなり、いよいよ登山らしくなってきました。



pp122.jpg



北沢ルートに出て、ここからはしばらく沢伝いに進みます。



pp123.jpg



赤岳鉱泉の小屋に到着。



左手の足場は、冬に氷の壁を作り、アイスクライミング施設となるそうです。



天気は下り坂という予報でしたが、だいぶ早い時間から天気が崩れ、小雨が降り出しました。



pp124.jpg



今年は、カッパを着ての山登りばかりなので、気が付けばそれが当たり前になりつつあるのが怖い。



pp125.jpg



森林限界です。



いつも通り、真っ白です。



pp126.jpg



コツコツと登って行きます。



pp127.jpg



2760mの硫黄岳のピークです。



風が強くて、めちゃくちゃ寒い。



山頂の滞在時間は、20秒ほど。



pp128.jpg



とにかく突風で風が冷たく寒いので、すぐに次のピークに進みます。



pp129.jpg



硫黄岳山荘。明日は、一日雨の予報なので、さすがに人がいません。



pp130.jpg



足場が悪くなっていく。



pp131.jpg



ガスで真っ白となっている稜線を、進んでいく。



pp132.jpg



そして、ウワサに聞く八ヶ岳名物の鎖が登場。



pp133.jpg



以前登った、群馬県の妙義山では、鎖に散々泣かされたものです。



pp134.jpg



ガスで真っ白なので、高いところが苦手な私には、ありがたかった。



pp135.jpg



そして、2829mの横岳山頂に到着。



pp136.jpg



相変わらず何も見えないので、次に行きます。



pp137.jpg



鎖の次は、はしごが登場。



pp138.jpg



ゴツゴツした岩場を、慎重に進みます。



pp139.jpg



そういえば、今日もほとんど人に会わない登山だ。



pp140.jpg



赤岳展望荘に到着。



pp141.jpg



この世の終わりみたいな景色。



pp142.jpg



引き続き、鎖となりました。



pp143.jpg



風を防げそうな岩場があったので、ここでお昼ご飯にします。



pp144.jpg



赤岳頂上小屋です。このすぐ上が、八ヶ岳の最高峰となる赤岳。



pp145.jpg



少し上がると、山頂に祠が祭られていました。



pp146.jpg



そして、2899mの赤岳山頂に到着。



pp147.jpg



何も見えなかったので、また黙々と進んでいきます。



pp148.jpg



今回も、まるで山頂の看板を見に行くような登山だ。



pp149.jpg



その看板も、なぜかチープになっていき、2700mの中岳に関しては、板っぺらがぽつんと置いてありました。



pp150.jpg



そして、最後のピークとなる阿弥陀岳を目指すのだが、ここの行程が一番きつかった。



pp151.jpg



中岳から多少下り、そこから急勾配の岩場となる。



pp152.jpg



クタクタにのびながらも、最後のピークとなる阿弥陀岳山頂、2805mに到着。



pp153.jpg



なんだか不気味な山頂だったので、早めに下山します。



pp154.jpg



下山ルートの御小屋尾根は、すさまじい急勾配。上りは、やりたくないな。



pp155.jpg



中岳辺りまでは、たまに他の登山者と会いましたが、それ以降、駐車場に着くまでの数時間は、誰とも会わなくて、なんだかさみしくもありました。



pp156.jpg



樹林帯を歩く。小雨のため、暗くなるのが早そうなので、急ぎます。



pp157.jpg



下まで来ると、紅葉がきれいだった。



pp158.jpg



そして、無事に下山しまして、別荘地帯を抜け、美濃戸口に辿り着く。



苦行のような八ヶ岳縦走でした。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

やすらぎ工房

profile

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

search this blog.

recent comment

Popular article

archives

others

mobile

qrcode

Smartphone

スマホ版

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM