世界を翔けるカメラマン 田村 裕司

やすらぎ工房

喜界島と特攻隊

2015.01.14 Wednesday
昨年6月の鹿児島、沖縄離島の旅。



居心地のよかった奄美大島を離れ、御隣の喜界島に移動します。



p360.jpg



夜10時くらいの船出です。



p359.jpg



奄美大島を出発して、二時間ほどで喜界島に到着します。



そのまま夜を明かして、翌朝からレンタルバイクを借りて、喜界島をまわります。



p061.jpg



一周およそ50キロのこの島は、最高標高が214mと低く、全体を見ると平べったい印象をうけます。



p060.jpg



サンゴ礁が隆起してできた島で、約12万年前に島として現れた見られており、現在も年間2mmの隆起を続けているそうだ。



p056.jpg



島一面にサトウキビ畑が広がり、黒砂糖の生産が有名だ。



p058.jpg



あちこちに分散する集落では、古くからあると思われるサンゴの石垣を見かける。



台風や潮から家を守るための、先祖の知恵といわれる。



沖縄でよく見かけるサンゴの石垣だが、ハブの住処となる欠点があるが、喜界島にはハブはいないので安心だ。



p059.jpg



石で出来た独特の形の神社の鳥居。



島文化の面白いところだ。



p055.jpg



亜熱帯の植物も多く、巨大なガジュマルがどっしりとかまえる。



p057.jpg



ガジュマルの森。



p364.jpg



こちらは、樹齢300年の大ソテツ。



奄美大島でソテツの植え替えを行ってから、やたらとソテツに敏感になりました。



p365.jpg



そして、ここにも平家の落人の話しがあり、ここには上陸の地と記された碑が建っていました。



こんなところまで来た事を考えると、その執念はすごいものだ。



p361.jpg



そして、喜界島を訪れた一番の理由は、特攻隊を追うこと。



喜界島では、太平洋戦争末期の1944年に海軍基地が国土防衛の最前線基地として拡張整備され、翌1945年の米軍沖縄本島上陸からは、連日連夜の米軍機の猛攻撃を受けながらも、多くの特攻機がこの場所より飛び立った。



p362.jpg



美しい海の先に思う悲しい出来事。



p363.jpg



各地から集められた青年たちは、この地から出撃するその時、一体なにを思い、なにを願ったのか。



佇む慰霊碑から見える美しい草原に問いかけようとも、さざ波の音が遠く静かに聞こえるだけだ。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

やすらぎ工房

profile

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

search this blog.

recent comment

Popular article

archives

others

mobile

qrcode

Smartphone

スマホ版

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM