世界を翔けるカメラマン 田村 裕司

やすらぎ工房

坂本龍馬の夢・亀山社中

2015.04.14 Tuesday
長崎市にある、坂本龍馬ゆかりの地、亀山社中。



坂本龍馬と言えば、幕末の立役者として多くの人がその名を知っている事だろう。



薩長同盟、大政奉還などその偉業は、当時の幕末の志士の中でも遥かにずば抜けている。



そんな坂本龍馬が、長崎に拠点を置き活躍した場所、亀山社中を訪れた。



pp059.jpg



坂道が多い長崎の街だが、その中でもずいぶん上の方に建つ亀山社中。



海援隊の前身となる存在だが、主に船を使っての貿易を主体とした活動で、日本初の株式会社と言っても過言ではないだろう。



pp065.jpg



現在の建物は、近年再建された物だが、当時の作りをしっかりと再現している。



pp064.jpg



裏手には、古くからある井戸があり、龍馬もこの井戸を使っていたのかなと思いをはせる。



pp060.jpg



館内は、坂本龍馬に関する展示が中心となっている。



pp063.jpg



龍馬は、この時代に珍しくブーツを履いており、この辺りから広い視野を持っていたことがうかがえる。



展示は、レプリカとして再現されたブーツだ。



pp062.jpg



1865年から1868年のまさに幕末の動乱の真っただ中の三年間に活動した、亀山社中そして改名後の海援隊。



もちろん、表向きは貿易会社として動くが、薩長への武器の密売や、有事の際は決起して反幕府軍として立ち上がる準備もあったであろう。



pp061.jpg



屋根裏の隠し部屋では、日本の未来について、多くの激論が交わされたことだろう。



pp067.jpg



坂本龍馬なくして、幕末は語れない。



pp066.jpg



幕末の風雲児であった彼は、先行きの見えなかったその時代を回天させ、そのまま役目を終わらせたかのように消えてしまった。



彼は、新時代に何を願い祈ったのだろう。



当時とは、すいぶん変わってしまったであろう長崎の街を歩いき感じた、暖かい午後の日差しでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

やすらぎ工房

profile

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

search this blog.

recent comment

Popular article

archives

others

mobile

qrcode

Smartphone

スマホ版

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM