世界を翔けるカメラマン 田村 裕司

やすらぎ工房

お馬さんが走り回る

2016.02.19 Friday
走り回るたくさんの馬が見たい。

そんな訳で、土曜日の東京競馬場に行ってきました。

AY7_7954.JPG

あたりまえですが、たくさんの馬が走っています。

AY7_7746.JPG

いやー、テンションが上がります。

AY7_7733.JPG

こちらは、障害レース。

AY7_7836.JPG

競馬場に来たのは初めてですが、中学生の頃はジョッキーに憧れて、よく競馬をテレビで見ていました。

AY7_7772.JPG

馬が美しく駆ける姿と、ゴール前の歓声が記憶に深く残っています。

AY7_7778.JPG

レース中は、万が一のためにたくさんの救急車がスタンバイ。

AY7_7801.JPG

後半のレースをいくつか眺めていたが、ここほど人間観察をするのに面白い場所もないかと感じた。

AY7_7926.JPG

最後のコーナーをまわってからの直線では、ざわめく歓声と叫び声が響き渡る。

AY7_7898.JPG

隣のおっちゃんも叫び続ける。

AY7_7876.JPG

そして、ゴールを迎えるとおっちゃんがガックリしている。

たくさんの人間模様が繰り広げられる、競馬場という空間。

毎週通い詰めていそうな方や、私のように初めて来たであろう方。

意外だったのが、施設全体としてとてもキレイで、子どもの遊具なども置かれていた。

天気のいい日に、中央の芝生が広がるベンチで、のんびりと馬が走る姿を眺めるのも、いい休日の過ごし方なのかなと思いました。

私としては、見ているよりもやりたがるほうなので、少々退屈ですが(笑)

AY7_7795.JPG

そして、せっかくだったので、馬券を買いあさってみましたが、ビギナーズラックもなく賭け事の才能が皆無な私らしく、惨敗でした。

駆け抜ける馬の美しさにほれぼれした時間でした。

オーロラとハリケーン

2016.02.10 Wednesday


オーロラが綺麗だなと、空を眺めていると、突如現れたハリケーンが建物を破壊しながら迫ってきて、「これで終わりか」と覚悟を決めるもなぜか無事で、その後、荒れ果てた町をさまようという夢で、夜中3時過ぎに起きる。

とりあえず夢占いでググル。

オーロラ「吉」

ハリケーンに巻き込まれる「凶」

足して割ればええんやろか?

豆まきと立春

2016.02.05 Friday
立春も過ぎ、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きそうですね。

先日、2月3日は、東京の日野市にあります高幡不動尊の豆まきを見に行って来ました。



すごい人ごみで、大賑わいでした。

そして、ここは幕末の時代、京都を中心に活躍した新撰組の副長、土方歳三の位牌がある場所。



入り口には、土方歳三の銅像もあります。

位牌のある大日堂にお参りをして、近くにある生家を訪ねたりと、有意義な節分の日となりました。

早く暖かくならないかな。

花々が咲き出す時期が、待ち遠しいですね。

<< | 2/19PAGES | >>

やすらぎ工房

profile

selected entries

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

search this blog.

recent comment

Popular article

archives

others

mobile

qrcode

Smartphone

スマホ版

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM